歯列矯正も審美歯科も、口腔や歯科系の病気が理由の場合でなければ、保険適用はされず高額の費用が掛かります。大人でも子供でもだいたい100万円近く必要です。もちろん長期間かけて治療していきますので負担が一気にのしかかるわけではありませんが、経済的には重いことは確かです。その代り使用する素材は保険適用の場合よりも自由度があります。見た目の良さを重視するなら審美歯科、治療範囲が広範囲で機能面の問題解決も必要なら歯列矯正歯科がベストです。同じ治療でも審美歯科は比較的短期間で済みます。

代表的な治療内容には4つあります。一つはホワイトニング治療。これは、歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなどの方法で歯の漂白を行うものです。審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングという方法があり、通常は両方を併用します。これで白くしたものが元に戻ることを防ぎつつ、徐々に白さを定着させていきます。以前はレーザーを当てる方法と併用していましたが、今はそれは行わないので、体にも優しい治療法です。

ホワイトニングは、薬剤を使い加齢と共に変質・変色した歯や、食生活・生活習慣によってしみついた色を脱色し白くする方法です。
歯の内側から漂白することにより、表面だけでは白くできない黄ばみも見違えるほど白くなります。

そのほか、オールセラミッククラウン治療、セラミックインレー治療、そしてインプラント治療といった方法があります。