審美歯科でのインプラント治療

4つある両方のうち、最も大がかりで根本的に見た目をよくできるのが、インプラント療法です。歯が根元から完全になくなってしまったときに、人工歯根(インプラント)を入れて、あごの骨と一体化させ、その上に人工の歯を装着させる治療法です。入れ歯のようなぐらつきの心配もなく、自分の歯と同じ感覚で食事することが可能です。保険適用で一般的に広く行われているブリッジ治療と比べて、インプラント治療は歯への負担が少ないため、優れた方法とされています。

骨の中に直接人口歯根(インプラント)を埋め込み、
顎の骨としっかり固定させた後、そのうえに人工の歯を装着する方法です。
外科処置が必要となりますが、義歯のように取り外しの億劫さがなくなり、
ブリッジのように両隣りの歯に負担をかけずにすむのが特徴です。

ただしインプラント療法は、高度な外科治療が伴う方法です。このため施術実績が豊富で安心できる歯科医院で、ベテランのドクターと歯科衛生士、歯科技工士のもと、高度に配慮された衛生環境の中で行われることがとても大切です。治療に当たってはあごの形や神経の位置などについて、CTスキャンを使って把握する、といった慎重な準備も必要になります。

インプラント療法においては、担当ドクターのセンスや審美的感覚が仕上がりを大きく左右します。これはすなわち患者の人生を大きく左右します。このような点をよく踏まえて、慎重に歯科医院を選ぶことが大切です。ネット上の口コミなどをチェックするなど入念なリサーチをお勧めします。